CoderDojo白河 公式サイト

福島県白河市で活動しているプログラミング道場「CoderDojo白河」の公式サイトです

ようこそ!CoderDojo白河へ!

CoderDojoとは

アイルランド発祥の子供達の為のプログラミング道場(クラブ)です

 

CoderDojoは世界で1900、国内に150以上の活動拠点があります。

 

子供たちが自主的にプログラミングを学ぶ場を提供する取り組みです。

 

日本ではCoderDojo Japanが各地のDojoを取りまとめています。

 

Dojoでは参加者をNinja(ニンジャ)、サポート役のボランティアをMentor(メンター)と呼んでいます。

 

CoderDojo白河とは

東北の玄関口、白河市で2018年7月に誕生いたしました。

 

Ninja、Mentor、ご参加される保護者の方々含め、

 

全員がコンピューターとプログラミング等を通じて、

 

楽しみながら学べる場を提供していきたいと思います。

 

パソコン初心者、プログラミング未経験でも大歓迎です!

初めて参加される方へ

教えてくれるの?教室とは違うの?

参加者向けのガイダンスをご覧の上ご参加ください。

CoderDojo白河でできること

基本的に参加されるメンターや道場主のスキルに依存しますが、

 

ボランティアスタッフによりパワーアップする可能性があります!

 

皆さんも、やりたいことがあれば遠慮なくメンターに相談しよう!

 

家にあるプログラミング教材の持ち込みも大歓迎!

Scratch(スクラッチ) ブロックを組み合わせていくことで、ゲームやアニメーションを簡単に作ることができる、プログラミングソフトウエアです。


micro:bit(マイクロビット) LEDや2個のボタンスイッチ、加速度センサー等を搭載したマイコンボード、PCからプログラミングして、モノづくりを楽しめます。


mBot(エムボット)
タブレットで簡単にプログラムを作って走らせられる学習教材です。ライントレースや壁に近づいたことを知るためのセンサーなど機能豊富かつ、課題型なので少しずつプログラミングの知識をレベルアップできます。

学習コンテンツ

Dojoで使っている教材ページです。全て無料のものを使っておりますので、家庭学習などにも積極的にご利用ください!

CoderDojoコンテンツシート

CoderDojo白河で、はじめて参加する方に配布している教材一覧パンフレットです。こちらからダウンロードできます。

参加対象者

小学生
保護者の同伴が必要です。

保護者の方には貸し出し品の管理とお子様のコーディングサポートをお願いします。

中学生
保護者の同伴は不要です。

慣れてきたら後輩Ninjaへのサポート役も挑戦してみましょう!

高校生
サポート役としての参加も歓迎です。

面白そうな技術があったら、みんなにも教えてあげて下さい!

大人
道場は子ども優先ではありますが、プログラミングを勉強したいなど

学習したい社会人等々も歓迎いたします!

よければ道場の簡単なお手伝いなどもしていただけると幸いです!

 

チャンピオン(主催者)について

クロ
福島県会津出身。高校から大学までずっとソフトウェア一筋。
現在は某メーカーで組み込み系のソフトウェアエンジニア歴15年ほど

2児の父。趣味はコーヒーと語学学習

 

福島県内の道場へのリンク

福島県内には白河以外にもいくつかの道場があります。

道場によって取り組みは様々で、慣れたら色々なところに参加してみるのも面白いですよ!

coderdojoaizu.mystrikingly.com

www.coderdojo-kitakata.com

www.coderdojo-miharu.com

sites.google.com

coderdojo-nihonmatsu.com

第47回 開催レポート

第47回の開催レポートです!

今年初開催の今回は参加4名と少し人数が増え、初参加のNinjaや見学のゲストメンターさんに来ていただいたりして面白い回になりました。

Ninjaたちの様子

まず初参加のNinjaには「CoderDojoとは」から説明させてもらって、マイクラが好きということだったので
教材の中でHour of Codeに挑戦してみることに。

最初は力技で多数のブロックを使っていましたが、少しヒントをあげるとすぐに理解し、
メキメキ成長してあっという間に全ステージクリアしてました。スゴい!

常連Ninjaたちは、マイクラEE版で作品作りをしたり、Scratchでゲーム制作に打ち込んでいました。

常連たちはいつもこんな感じで、それぞれ関わりあって和気あいあいとやってます。

もうイベントというより、部活感が出てきて良いなーとしみじみ思っておりました(笑)



発表では、中学生Ninja達が作品を見せてくれました。

最初は小麦の収穫ゲーム。

今回の道場で作ったものではないとのことでしたが、ぜひ披露したいということだったので、見せてもらいました!

小麦の収穫をして加工してお金を増やして、またそのお金で開墾して育ててを繰り返すゲームだそうで。

加工も機械のグレードを上げられたり、加工品もパンや麺など、細かい設定が面白い。

かなり作りこんだシミュレーションゲームに仕上がっていました!本人曰く2時間ぐらいで作ったそうです。驚きですね。


もう一人のNinjaは道場の時間で作ったシューティングゲーム

このNinjaはいつも鮮やかな色で目を惹く作品を作っているのが印象的です。

今回も放射状に飛んでいくカラフルなボールをよけ続けるゲームで、結構な難易度です!

 

この2人はちょうどWeb開発のようにデザイナーとバックエンドエンジニアみたいで、2人が組んだら面白そうですね!

 

また、今回は群馬県でプログラミング教室を主宰されている武井さんにゲストメンターとしてご参加いただきました。
どのような授業を行っているのか、どんな教材を使っているのかなどお互いに情報交換させていただき、
今後の進め方のヒントになるようなアイディアも色々と浮かぶような良い機会になりました!

地方でプログラミング教育に携わる方はそう多くはありません。それ自体が課題だったりもします。
そんな状況なので、同じ志を持った方とお話しする機会は極めて貴重で、やっと同志を見つけた気分で嬉しくなってしまいますね(笑)

今回は、道場の活動に興味を持っていただいたので、他の道場にも足を運んでみてはとオススメしておきました。
群馬県に2つ目の道場が出来ることを楽しみにしております!

気づきなど

  • 発表作品に見とれて、つい写真を取り忘れた!(汗)
  • 中学生ぐらいになるとコードプログラミングに興味を持ちはじめるようなので、Progateを紹介した
  • 初参加向け説明資料が数年前に作ったものなので、最新にUpdateした方が良さそうなところがいくつかあった
  • アンケートを取ると、やはりマイクラをやりたい子どもが多い。もっと積極的にマイクラカップの案内した方が良いか

メンターとして、武井さん、坂本さん、ご協力ありがとうございました。

さいごに

次回は2月18日で場所はマイタウンです。しらかわだるま市の影響で第3週目になっておりますのでご注意ください。

みなさん参加お待ちしております!

CoderDojo白河 参加に当たってのお願い

CoderDojo白河への参加される方は、下記のルールをご一読の上参加されますようお願い致します。

CoderDojo憲章

CoderDojo白河は、CoderDojo憲章に則って運営されています。
https://coderdojo.jp/charter

  • 若者が技術を作り上げていくための支援を行い、ひらめきを与えることに尽力します
  • できうる範囲で、高い水準の児童保護を優先します
  • 道場に参加する子ども達や、その保護者から料金を徴収しません
  • 保護者が道場に参加することを推奨します
  • 持っている知識を自由かつオープンに共有します
  • 自分たちの道場内だけでなく、他の道場とも知識を共有します
  • CoderDojo コミュニティの国際的なブランドを維持し、大切にします
  • 参加者間の協力を促進し、同世代間のメンタリングや参加者同士のプロジェクトを推奨します
  • 性別、人種、性的指向、信念、宗教、能力に関係なく、ボランティアや子ども達を歓迎します

禁止事項

CoderDojoの関係者及び参加者は憲章に則り、下記に該当する行為はご遠慮ください。順守していただけない場合、今後の参加をお断りする場合がございます。子供たちが皆、楽しく学べる場所を提供するためにご協力お願い致します。
 ×:パソコン教室への勧誘
 ×:宗教団体への勧誘
 ×:政治的活動
 ×:営利、宣伝行為(スポンサーを除く *1)
 ×:他の参加者への迷惑行為
 ×:会場や備品の破壊行為
 ×:その他、子供たちが学ぶ場所としてふさわしくない行為

*1 営利活動は行いませんが、CoderDojoの活動を応援してくれるスポンサー企業、団体を宣伝することがあります。

写真へのご協力について

CoderDojo白河では、毎回開催レポートを公開しております。その際に当日撮影した写真を使わせていただく場合がございます。
基本的に顔を隠して公開させていただきますが、もし撮影NG等ございましたら、お申し付けください。また、撮影した写真につきましては、Dojoの運営以外の目的では使用いたしません。

感染症予防対策について

  • 兄弟参加が多い場合は、予約枠内でも募集を終了することがございますので、予めご了承ください。
  • 飛び込み参加はご遠慮いただく場合がございます。
  • 近隣の感染拡大状況によっては中止となる場合もございます。その際にはDoorkeeperにて連絡を入れさせていただきます。
  • 保護者もお子様1名につき1名のご協力をお願い致します。
  • 参加時にはマスク着用と、手の消毒をお願いします。
  • 本人及び家族等に発熱や体調不良がある場合は参加をご遠慮ください。

Minecraftワークショップ2022 開催レポート

12月10日に、白河でマインクラフトワークショップが開催されました!

 

Minecraftカップは日本で唯一のMinecraft公認の大会として毎年開催されており、全国大会まである大きなコンテストです。

minecraftcup.com

 

そのMinecraftカップ事務局が手掛けるイベントがこのワークショップ。白河では初開催です。

サポートながら、私も初参加なので、開催前からワクワクが止まりませんでした!

 

今回は3チームに分かれて、廃校のリノベーションをテーマに課題にチャレンジ。

導入部分では、廃校とは?廃校は全国にどのぐらいあるの?年々どのぐらい増えているの?

というような、社会問題をテーマにした授業で、子どもたちの意見も活発に出ながら楽しく学べる工夫に脱帽です。


授業が終わったらワークを開始!

くじ引きでテーマを選定し、チームごとにブレーンストーミングで意見を出し合い、作るものを決定していきます。

それぞれのチームが全く違う切り口で話し合って、個性的な意見もたくさん出ていて非常に面白かったです。

また、道場の子が多くScratchを使っている子が多かったので、Make Codeも紹介していただきました。

興味を持つ子が結構おり、巨大な建造物を作る時にはとても便利であることを実感できたかと思います!

 


ここからは、それぞれのチームの様子をご紹介します。

チームAはもともと欠席が多く人数が少なかったのですが、少数精鋭チーム。

中学生の2人が阿吽の呼吸でコミュニケーションを取りながら、超高速で完成度の高い作品を仕上げていました!


チームBは分担がしっかりしていて、協力して作品作りに励んでいました。

室内のキャンプ場に、銭湯の湯気やら、リアリティを追及していました。また、銭湯といえば富士山!巨大な富士山が度肝を抜きましたね!


チームCは平均年齢が最も若いチームで、とにかく発想が奇抜で面白い!

それぞれ個人個人が面白いと思うものを自由に作って、学校全体を使った水族館を作っていました。

 

最後はそれぞれのチームが、自分の作ったものを発表する時間。

こだわったポイントや、協力できた部分など、それぞれ発表していました。

開始前は嫌がっていた発表も、いざその時になると皆堂々と自分の作品を自信をもって発表できていて、素晴らしかったです。

また、全く知らない子同士がチームになっていても、いざワークが始まると、あっという間に仲良くコミュニケーションを取りながら

作品作りを進めていたのも良かったですね。道場にもこういう雰囲気があると良いなーとしみじみ思いました。

今回思ったのは、ここ白河にもMinecraftを使いこなしている子が結構おり、Minecraftカップへの参加ができるチームを十分作れるポテンシャルがあるなと。

東北は参加チームが少ないらしいので、盛り上げていけると良いなと感じました。来年あたりは声かけてみようと思います!

 

廃校のプールが巨大な温泉に!!

 


最後に全体的な感想などなど。

あっという間に会場設営して、開催してすぐにアイスブレイクなどでチームの雰囲気をよくしつつ、スムーズに進行。

事務局の方々の運営の手際の良さが光っていましたね。見習いたい部分が沢山ありました!

プログラミング・デジタル教育に携わる方々と短い時間ながらも情報交換できて、非常に刺激になりました。

コロナのご時世になってから、こういった機会がめっきり減ってしまったので、とても良い時間を過ごさせていただきました。

何となく道場の開催もマンネリ化していて、どういう方向性で続けていけばよいか少し苦慮していた部分もありましたが、いろいろと相談させていただけて良かったです。

また開催できると良いなと思っております!

 


CoderDojo白河では、今回使ったMinecraft Education Editionを使える環境があります。

今日の続きでも良いですし、今回参加できなかったけど使ってみたい!という子がおりましたら、道場にぜひ参加してみてください。

 


では、次回の道場は1月14日。今年は5周年になります。

今年もよろしくお願いします!

 

CoderDojo白河 参加に当たってのお願い

CoderDojo白河への参加される方は、下記のルールをご一読の上参加されますようお願い致します。

CoderDojo憲章

CoderDojo白河は、CoderDojo憲章に則って運営されています。
https://coderdojo.jp/charter

  • 若者が技術を作り上げていくための支援を行い、ひらめきを与えることに尽力します
  • できうる範囲で、高い水準の児童保護を優先します
  • 道場に参加する子ども達や、その保護者から料金を徴収しません
  • 保護者が道場に参加することを推奨します
  • 持っている知識を自由かつオープンに共有します
  • 自分たちの道場内だけでなく、他の道場とも知識を共有します
  • CoderDojo コミュニティの国際的なブランドを維持し、大切にします
  • 参加者間の協力を促進し、同世代間のメンタリングや参加者同士のプロジェクトを推奨します
  • 性別、人種、性的指向、信念、宗教、能力に関係なく、ボランティアや子ども達を歓迎します

禁止事項

CoderDojoの関係者及び参加者は憲章に則り、下記に該当する行為はご遠慮ください。順守していただけない場合、今後の参加をお断りする場合がございます。子供たちが皆、楽しく学べる場所を提供するためにご協力お願い致します。
 ×:パソコン教室への勧誘
 ×:宗教団体への勧誘
 ×:政治的活動
 ×:営利、宣伝行為(スポンサーを除く *1)
 ×:他の参加者への迷惑行為
 ×:会場や備品の破壊行為
 ×:その他、子供たちが学ぶ場所としてふさわしくない行為

*1 営利活動は行いませんが、CoderDojoの活動を応援してくれるスポンサー企業、団体を宣伝することがあります。

写真へのご協力について

CoderDojo白河では、毎回開催レポートを公開しております。その際に当日撮影した写真を使わせていただく場合がございます。
基本的に顔を隠して公開させていただきますが、もし撮影NG等ございましたら、お申し付けください。また、撮影した写真につきましては、Dojoの運営以外の目的では使用いたしません。

感染症予防対策について

  • 兄弟参加が多い場合は、予約枠内でも募集を終了することがございますので、予めご了承ください。
  • 飛び込み参加はご遠慮いただく場合がございます。
  • 近隣の感染拡大状況によっては中止となる場合もございます。その際にはDoorkeeperにて連絡を入れさせていただきます。
  • 保護者もお子様1名につき1名のご協力をお願い致します。
  • 参加時にはマスク着用と、手の消毒をお願いします。
  • 本人及び家族等に発熱や体調不良がある場合は参加をご遠慮ください。

 

参加登録はこちらから!

ようこそ!CoderDojo白河へ!

毎月第2土曜日白河市で開催中です!

参加は何回でも無料です!

 

CoderDojoとは

 

アイルランド発祥の子供達の為のプログラミング道場(クラブ)です

CoderDojoは世界で1900、国内に150以上の活動拠点があります。

子供たちが自主的にプログラミングを学ぶ場を提供する取り組みです。

日本ではCoderDojo Japanが各地のDojoを取りまとめています。

Dojoでは参加者をNinja(ニンジャ)、サポート役のボランティアをMentor(メンター)と呼んでいます